スポンサード リンク

2013年11月14日

英語だけでなく運筆や塗り絵、かず数えなど至れり尽くせりのワーク!「BIG workbook PRESCHOOL」

☆対象年齢3歳から5歳まで
☆フルカラー320ページという大容量で、738円という低価格!


キッズ用のワークです。わたしは3歳の娘に買いました。
この本は、ネイティブの子どもたちが、
「アルファベットを覚える、色を覚える、線をなぞる・めいろなど、10までのかず数え、形(まる、さんかく、しかくなど)を覚える」ことを目標に作られた3歳から5歳までの対象のキッズワークです。
全ページフルカラーで320ページで738円という低価格。
学研や公文の同じようなキッズワークだとせいぜい60ページぐらいで600円。ほんとうにお得です。

preschool.jpg
「320ページものボリュームがあるキッズワーク」


波線などをなぞるいわゆるうんぴつ(運筆)から始まり、迷路や塗り絵、形の認識、数数え、アルファベットを覚える・・・など内容は盛りだくさん。
もちろん問題からすべて英語で書かれていますが、そんなに難しい表現は出てこないので、だいたいわかります。ただし、絵やそれに対する英単語はどうしてもこちらの生活になじみがないものも出てくるので、親が辞書を引きながら・・・ということもあると思います。
わたしは昨年、英検準1級を取得していて英語は得意だと思っていますが、このワークをやるために辞書を引く場面が多々あります。
今日は、Qから始まる鳥の名前が分からずに辞書を引きました。(正解は、QUAIL うずら)
たまに辞書を引く手間を差し引いてもとても使えるワークブックであることは間違いないです。

3歳の娘はしまじろうのワークやそれのキッズプラスのワークをやらせていますが、あっという間に終わってしまうので、いつもやるワークが切れた時にこのワークに取り組んでいます。
同じことを繰り返しながら内容が少しずつ進んでいくので、運筆などの力がついていくとともに、自然に英語の力もついていっているように感じます。
正方形がsquare、長方形がrectangle、円がcircle、楕円がoval、三角形がtriangleと、
塗り絵や迷路、線つなぎなどで繰り返し同じ単語が出てくるので自然と覚えます。
運筆力を高めるとともに英語力もつけたいと考えているお子さまに最適です。

さらに、このワークの素晴らしいところは、一枚ずつ切り取り線が付いていて、切り離して取り組めること。
分厚い本のままでは子供は扱いずらいので、取り組む分だけを切り離して、娘に渡してやっています。

同じシリーズで「ALPHAABET」というキッズワークもあります。
こちらは、タイトル通りアルファベットの読み書きを学び、そして簡単な単語を覚えていくもの。
対象は3歳から5歳です。我が家では5歳の息子が取り組んでいます。あわせておすすめの一冊です。



【キッズ・ベビー 本の最新記事】
posted by しょう at 23:10 | Comment(0) | キッズ・ベビー 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
スポンサード リンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。